テーマ:建築

通し柱

上の写真は建て方を待つ通し柱の2階床下の梁が刺さる部分です。 こんな風になります。  通し柱は強いと思われがちですが、写真のように2階床下の梁(桁)が刺さる部分は穴がぽっかり開いています。  断面が大幅に欠損しています。  在来工法では通し柱は思われる程強くはありません。伝統的工法と呼ばれる工法の通し柱(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

31年目に突入

 明日で建築の世界に身を置いて丸30年、そして明後日から31年目に突入です。  木造はもちろん鉄筋コンクリート造や鉄骨造も手がけました。人の住む建物が主ですが、商業建築も手がけました。  大きなものでは6階建てのマンションから犬小屋や猫小屋までも作ってきました。小規模の修繕や増改築、改造、改装に至ってはどのくらいの数を行ったか数えら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

結露の話 つづき

 結露には前回の「表面結露」と「内部結露」とがあります。  内部結露とは外部に面した壁の中でおこる結露のことで「壁体内結露」とも呼びます。  「表面結露」は窓ガラス等に発生するため発見しやすいです。対して「内部結露」は見えない部分に発生するため発見しにくく気づいた時は手遅れになっていることが多いようです。  季節に関係なく、ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

結露の話

 寒い季節になってきて気になるのは窓ガラスに付く水滴、すなわち結露です。    そもそも結露とは。  ある体積の空気が保持できる水蒸気の量は、温度によって異なっています。湿度○○%と言っても気温によって、含まれる水蒸気量は違うのです。暖かい空気は冷たい空気よりもたくさん水蒸気を持つことができます。  暖かい空気が冷えると持つこと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

初公開

 今度の29日(土)と30日(日)に当社で昨年改装工事をさせていただいた中小路家住宅(国登録有形文化財)が公開されます。初公開です。  向日市文化資料館主催の「西国街道とむこうまちの民家」というイベントの一部です。  向日市のHPに詳細が掲載されています。。  http://www.city.muko.kyoto.jp/med…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便器

 上の写真は1914年に製陶研究所が完成させた国産初の陶製腰掛便器です。  そして、その普及を目指して1917年に現在のTOTOの前身である東洋陶器株式会社が創立されました。  その後様々な改良がなされ、特に便座(座るところ・直接お尻が触れるところ)の変わりようが大きく、普通から暖房付にそして洗浄付、ついには脱臭機能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗面所

リフォームをさせていただきました。 正面に窓があるのですが、上まである洗面台を置かれていたので、ずっと窓は使っておられませんでした。 古くなった洗面台を撤去し、鏡と収納棚は向かって右側の壁につける事にすると、何十年ぶりかで窓が出現しました。 なんとなく、窓もうれしそうです。 風通しもよくなりました。      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチン施工

キッチンがはいりました。 真っ白な面材です。 理由あって、窓がないお部屋になりましたが、それを感じさせない明るさです。 キッチンは、扉の色と天板の色でイメージがずいぶん変わりますが、白色の持つシンプルさをあらためて発見したような感じです。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ショールームめぐり その3

今日はお昼からお客様のところへリフォームの打ち合わせに行ってきた。すごく素敵なお家で、とても私好みであった。 古いものを愛着を持って使ってられて、でも新しいものとの相性もよくて、わたしも見慣らわなくては・・・。と思って帰ってきた。 ショールームめぐりの3弾は『タカラスタンダード』。 ホーロー一筋、キッチン・洗面台・システムバス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショールームめぐり その2

今日も雪・・・。本当に寒いですね。 ショールームめぐり第2弾は『ヤマハ』です。 『ヤマハ』と言えばピアノ塗装、キッチンの扉に施されています。 一口に鏡面扉といっても、やはりヤマハの鏡面塗装扉は抜群です。きれいだったな。 それとユニットバスに標準仕様としてサウンドシャワー(スピーカー)がついていました。 私はバスルームで音楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショールームめぐり その1

先日、久しぶりにキッチンのショールームめぐりに行ってきた。 写真はクリナップのショールームにあったもので、「キッチンにはこれだけの収納が必要です。」 みたいな形で、展示してあった。迫力満点。 クリナップはもともとステンレスのメーカーなので、お高いシリーズになると引き出しなどの内部まで、ぴかぴかステンレスだ。 天板も今は人工大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成しました

昨年の内に完成しました。 お正月は新しいLDKでお過ごしになられたことと思います。 斬新な白のフローリングを選ばれました。出来上がるまでは、寒そうに見えるんじゃないか、などと心配していましたが、テーブルの下にラグを敷かれ、カーテンを吊るすとよく映えて、いい空間に仕上がりました。 左奥は家事室になっています。造り付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに・・・完成

写真の技術がもっとあれば、もっときれいなんですが・・・。 明るく、気持ちのよい空間に仕上がりました。 隠れている引き戸で二部屋にも仕切れます。 床の『無垢のひのき』は年がいくほど、いい色に変わっていきます。 初めは、傷がいくのをためらわれると思いますが、恐れることなく、無垢の醍醐味をご堪能下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リフォーム

二部屋を一室にするリフォームをさせていただいております。(その他にも外壁塗装や階段等、させていただいておりますが) 11月初めころから始めて、ただ今佳境にさしかかっております。 とても寒いお部屋だったそうで、窓を新しく造り、風通しよくなるようにしたり、断熱材を壁にいれたりしました。 窓を新しく造るともっと寒くなりそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

システムバス工事

システムバスを入れさせていただきました。 工事前は、土間になっていて、天袋つきの物入がありました。 土間をあげてフローリングをはりました。浴室との段差はなく、入り口には、手すりうをつけました。 バスタブはグリーンでさわやかに仕上がってます。 手すりも3ヶ所についています。 心臓の悪い方がおられるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者擬似体験

ナショナルに『ドリームコーディネーター会』というのがある。今日はそこで研修の一環として、高齢者擬似体験をさせてもらった。 一気に80歳である。その名もずばり「うらしま太郎セット」というのを装着する。 目にはめがね。かすんでよく見えず、黄色の色が自覚できなくなる。 耳には耳栓。高音が聞きづらくなる。 手には手袋。カタログが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新築

リフォームばかりの情報をお伝えしていたら、新築はされないのかしら・・・と思われているかもしれないので、新築情報をお伝えします。 数にしてみれば、リフォームが圧倒的に多いのですが、新築もコンスタントにさせていただいております。ただ、個人住宅が多いので、「載せないでね」といわれる方のお宅は載せておりません。 先日、京都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスタブの入れ替え

バスタブの入れ替えをさせていただきました。きれいに仕上がっています。 入れ替えといっても、床と壁の一部は壊すことになります。床タイルも一新し、お掃除がしやすくなりました。 バスルームを全面改装、ユニットバスを入れるとなると、大ごとですが、バスタブの入れ替えなら意外と安価でできます。 (こちらのお客様の場合は窓が小さくバスタブが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中蔵

「中蔵」と言うのは、家の中から入っていける蔵のことだ。 お宝(?)がざくざく入っているところを全部だしてもらって、リフォームさせていただいた。 中2階があり、上がってしまうと忍者屋敷のように階段の上からフタがしまるようになっている。 とても古い蔵なので少し傾いていて、建具が閉めにくかったが、スムーズに動くように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレリフォーム

トイレのリフォームをさせていただきました。 TOTOのタンクレスタイプの便器です。 床と腰板はひのきを使っています。 今回のリフォームでは小便器をつけました。 小便器があると、床への飛び散りがなくなり、お掃除がとても楽になります。 場所に余裕がある場合、床に無垢材を使われた時などにおすすめです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へいごし

建築関係でない方は、?と思われるかもしれません。でも見えないけれど、皆様のお家の屋根裏に置かれているはずのものです。(地域によってはことなります) 「へいごし」には「奉上棟」と書き、下に施主・工務店の名前を記します。その裏に棟上の日付を書き入れます。 御弊(ごへい)をはさみこみ、日の丸と松の絵柄からなる扇を3本ひろげて水引でくく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京町家

新築する前に建っていた、町家です。 以前、お客様に了解をいただいて、調査に入らせていただきました。 なんともいえないホッとする佇まいです。 解体するには惜しいような気もしましたが、やはり大分、家が傾いていて、自律神経失調症気味の私は、めまいを感じるほどでした。         外から見た感じ         内から…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

竹垣

外溝のフェンスの仕事をさせてもらった。 玄関まわりは竹垣に・・・。 フェイクのように見えるが、本物の孟宗竹である。 もうしばらく時間がたつと、いい具合に劣化して、いい感じに渋くなりそうである。 だけど、『アリゾールステイン』という竹材保護塗料をぬり、万全の構えで仕事は終わったのであった。      ・・・・・y…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杭うち

新築の現場のときは、『地盤調査』というものを、弊社ではさせていただいている。 たいがい「大丈夫」というお墨付きをもらうのだが、今回はそうではなかった。 ということで、家を頑丈にするために、お客様に負担していただき杭を打たせていただいた。 直径が10cm強・長さが2mの杭を22本。 杭の上にコンクリートの基礎を乗せることになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチンリフォーム

キッチンのリフォームをさせていただいた。 IHヒーターなど最新の機器を選んでいただいたのでご紹介したいと思う。 ①IHクッキングヒーターは、「ダブルオールメタル」というもので、3口IHのうち2つが、アルミ鍋でも多層鍋でも使えるようになった。(今までステンレスか鉄しかだめだった・・・) お鍋を買い替えなくても済む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お屋敷2

以前に梁と格闘中と書いた現場が竣工した。 150年のすすと大きな梁とに職人の方々は苦労されたが、やはり出来上がってみると、圧巻である。 お客様がとてもセンスのいい方で、工事が完成し家具を置かれると、またまた素敵な空間に仕上がった。 これからも50年100年と歴史は続いていくのだと思うと、胸が熱くなる思いである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンティーク

新築もいいけれど、古いお家も素敵である。 古いお家と言っても、150年くらい古いので、もうアンティークの世界である。 違い棚に天袋、屏風、建具にいたっては、黒光りしている。 和風の古いお家だとなんだか暗いイメージがあるが、決してそんなことはない。 今回リフォームさせていただいたお家は、和室4部屋があり、その襖を開け放つと、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整理収納(キッチン)

整理収納アドバイザーの講習をうけてからというもの、いらないものは即、捨てるようになった。 娘の点数の悪いテストとか・・・。 というのは冗談であるが、まずそういう紙類は残さないようになった。 そして、買うときも、なかなか買わなくなった。どこに収納するか考えているうちにヤメてしまうのだ。 昨日も吟味に吟味をかさねたのち、バスルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のお風呂

浴室のリフォームをさせていただいた。 木の浴槽である。 私も小さい頃は木の湯船であった。肌触りは抜群である。 でも、木の湯船はすぐぬめるので、窓を開け放ち、すのこを塀に立てかけたりして、風とおしよくなるように、毎日気をつかっていた。 今のように、浴室乾燥暖房機もない時代であるから、家じたいも風通しよく造られていて、自然を利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お屋敷

和風の部屋とは私の基準では、畳の敷いてある部屋のこと。そこに床の間がついていれば、『和室』となる。そしてある一定の何かをクリアすると『座敷』とよびたくなる。 人が住む家のことを『住宅』と言う。ある一定の何かをクリアすると『お屋敷』とよびたくなる。それが洋館であれば。『館(やかた)』というのであろうか。 あくまで私の中の基準なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more